ToolsPlus 移行サービス

 
English Page


ToolsPlus とは?

ToolsPlus とは、米 Water's Edge Software 社(代表:Steve Makohin)が開発した Mac OS 用フレームワーク・ライブラリです。これは C++ のようなオブジェクト指向言語のクラスライブラリではなく、C および Pascal 言語のような手続き型言語で利用するためのフレームワークです。Classic Mac OS における開発ではそれなりに名の知れた製品でした。

Mac OS X への移行

Apple 社から Mac OS X のロードマップが示された当時、多くのディベロッパが既存資産の移行について頭を悩ませました。しかし、 Water's Edge Software 社は ToolsPlus を Mac OS X に移行させることをしませんでした。このあたりの詳しい話は別の記事に書こうと思います。とにかく、ToolsPlus を利用したソフトウェア資産を有するディベロッパは、それらを放置するか自力で移行するかの選択を迫られたわけです。

当社シンフォニーの場合

シンフォニーでは「はがきフレンド」という製品で ToolsPlus を利用していましたが、移行については慎重に考え、一旦それを放置しました。そして「はがきうぇあ」の企画の一環として、ToolsPlus 移行用のフレームワークを Carbon API 上に開発するまでその資産は眠ることになりました。
そう、結局シンフォニーでは、ToolsPlus アプリケーションを Mac OS X で利用可能な Carbon アプリケーションへと移行させるための新しいフレームワークを開発しました。その際に移行作業をスムーズに行うための多くのノウハウも蓄積しました。

ToolsPlus 移行サービス

シンフォニーは上記のような、ToolsPlus アプリケーションを Carbon アプリケーションへと移行させる開発作業をひとつのサービスと位置づけて、ToolsPlus を利用した資産を持ってはいるが新たな展開に躊躇している会社に提供したいと思います。
詳しくは担当までご連絡ください。


Copyright (C) 2000-2007 Symphony, Inc. All Rights Reserved.